全国主要都市の医療レーザー脱毛クリニック、病院を比較しています。

医療レーザー脱毛どこがいい?

よくある質問

ムダ毛処理でカミソリ以外でできる簡単なオススメ方法!

ムダ毛処理 カミソリ以外ムダ毛処理は、カミソリ以外ではどんな方法で皆さんはしているでしょうか。カミソリはお風呂に入った時に、さっと出来るので一番簡単でしかもコスパがいいムダ毛処理法。

しかしずっと繰り返していると、肌荒れや乾燥肌になったり、うっかりケガをしたりすることもありますよね。

そこでご紹介したいのが、ムダ毛処理でカミソリ以外の簡単な方法です。さっと処理をしてもあっという間にチクチクの毛が生えてくるのはとても不快。できるだけ目立たなように、処理をしたいですよね。

このようなムダ毛処理の悩み。自分でできることには限度があるとあきらめている人おみますよね。カミソリ以外の方法にトライして、自分に合ったセルフ処理を発見してみませんか。

 

市販の脱毛グッズを使おう

ムダ毛処理 カミソリ以外ムダ毛処理はカミソリ以外にも色々な方法がありますので、肌を休ませるためにも市販のグッズを使ってみましょう。どんなものがあるか特徴と使い方についてご説明します。

 

脱毛剤

脱毛剤はクリームやジェルタイプになっているもので、脱毛したい部位にクリームを塗って時間が経過したらふき取って洗い流すだけ。

脱毛剤には毛のタンパク質を溶かす薬剤が配合されていますので、肌の弱い人には向かないことも。

使用後にヒリヒリや赤くなる症状がある場合は、低刺激タイプの脱毛剤を使うと良いでしょう。

もしくは使用前にパッチテストをして、確認してから使ってくださいね。脱毛剤はカミソリと違い処理した毛の先端がとがらないことや、新しく生えてくるまでの時間がかかるなどのメリットがあります。

 

脱色剤

ムダ毛処理でカミソリ以外なら、脱色剤がオススメです。いくら剃ってもムダ毛はすぐに生えてくるので、

なんとか手間を省きたいという人には、脱色剤の効果が長続きするので良いでしょう。髪のブリーチ剤と同じで、髪の色素を抜いてしまうので脱色剤は太くて硬いムダ毛処理にもピッタリ。

ツルツル肌になり見た目をスッキリさせたいという場合は、脱色剤で産毛のように目立たなくさせて、腕や足の毛をなくすことが可能です。

処理したいところに薬剤を塗布して、10分ほど放置して洗い流すだけ。保湿成分配合タイプもありますので、肌を傷めずにできるセルフ処理方法です。

 

抑毛剤

抑毛剤はすぐにムダ毛処理効果があるものではありませんが、来年の夏に向けて、自然にムダ毛を減らしたいという人にオススメ。

ある日突然肌がすべすべになるのにて抵抗がある人もいますので、ゆっくりムダ毛が薄くなる抑毛剤は、時間をかけたい人に最適でしょう。

ローションタイプになっているもので、ムダ毛を構成する細胞弱くさせて、毛根の働きを低下させることで全体的に毛を細くしたり薄くしたりすることができます。

またイソフラボン配合のローションは、ホルモンに働きかけて体毛を薄くできるので、胸毛や腕など、自然な効果を期待する時にもちょうど良いでしょう。

 

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスを行うサロンは、近年とても増加していますよね。ビキニラインに専用のワックスを塗り専用ストリップをつけて一気にはがす方法。

ブラジリアンワックスでムダ毛処理すると、生えてくるまでに46週間ほど時間がかかるため、処理の手間が省けることがメリット。

また毛根からすっきり抜けるので、カミソリのようなチクチク感がないのもいいですね。通販でキットが販売されていますので、ぜひトライしてみましょう。

値段は2,000円~3,000円程度、ツルツル効果がありますので処理するムダ毛量を調整できない点がデメリットと言えます。

 

ムダ毛専用パッド

ざらっとした表面のパッドを手にはめて、くるくるとムダ毛部分をこするだけのセルフ処理方法。

パッドは1000円~2000円ほどで購入が可能で何度も繰り返し使用ができます。ムダ毛処理のカミソリ以外の方法として簡単にできる点はメリットですが、肌を摩擦するため敏感肌の人には向かないかもしれません。

皮膚が強い部分を中心に使うことをオススメします。使用後は、必ず保湿クリームなどで肌を保護してくださいね。

 

脱毛石鹸

石鹸で脱毛ができる?とちょっと驚きのアイテムが最近話題になっています。普通の石鹸ですが、成分に発毛を遅らせる成分や毛を薄くする抑毛成分が含まれていますので、継続して使えば、それなりに効果が期待できるでしょう。

しかし即効性はありませんので、ほかのセルフ処理方法にプラスしてサポート的な使い方をすることをオススメします。

脱毛石鹸には、毛を溶かす除毛効果の強い成分を配合したタイプもありますが、肌に刺激が強い可能性もありますので、必ずお試しやパッチテストでチェックしてください。

 

はさみでカット

いかにも剃りましたという仕上げが嫌な時や、カミソリ以外で安全な処理をしたいVラインなどは、すきハサミでムダ毛カットするのがオススメ。

普通のハサミでもいいのですが太い毛が密集しているところは、自然にすいたほうが目立たなく処理ができます。

デリケートゾーンはカミソリだと危ないので、ハサミで毛先だけをカットするのも良いでしょう。ふくらはぎなどの毛を、簡単に手入れしたい時にオススメです。

 

除毛スプレー

除毛スプレーは、除毛成分を含んだスプレータイプ。ワキなど見えにくい部分はスプレーするだけで毛のタンパク質に反応して、毛根からの処理が可能に。

カミソリのような負担が肌にかかりませんが、敏感肌には薬剤が肌に合わないこともあるため、パッチテストをして肌との相性をチェックしておきましょう。

 

毛抜き

毛抜きは毛根から抜けるので、見た目が綺麗にできるセルフ処理方法。しかし伸びた毛が皮膚内で丸くなり炎症を起こす毛嚢炎になる可能性があります。

皮膚にダメージを与えることもあるため、ボディの脱毛よりもヒゲや眉毛を数本剥く程度の処理にオススメです。

 

家庭用脱毛器でセルフ処理しよう

ムダ毛処理 カミソリ以外ムダ毛処理でカミソリ以外でできる方法としては、家庭用脱毛器があります。家庭用脱毛器は自宅で出来るため、時間がなくて脱毛サロンに行けない人にオススメでしょう。

家庭用脱毛器は光を照射するタイプ、抜くタイプ、熱で焼くタイプなど色々。効果が高い機器は値段が高額になり、カートリッジを購入しないといけないため、維持費がかかることがデメリットです。

メリットとしてはVIOなど、人に見られずに自分が処理できること。家庭用脱毛器があればサロンの予約で困ることもありません。

好きな時にムダ毛処理が簡単にできます。また最近の家庭用脱毛器は肌にダメージを与えない設計で作られたものが多く、カミソリによる肌荒れや傷なども心配なし。

効果としては医療レーザーのような永久脱毛はできませんが、一定期間の効果が続き使うほどムダ毛が薄くなっていきます。

また美顔器的な働きをするタイプもありますので、髭剃りで目立つ毛穴をケアしたい人にも良いでしょう。

家庭用脱毛器を使用した後は、必ず保湿クリームで肌を整えスキンケアも忘れずにプラスしてください。使い方は必ず守り肌トラブルにならないように上手に活用しましょう。

 

まとめ

ムダ毛処理でカミソリ以外の簡単な方法は、市販の脱毛グッズを使ったりハサミや毛抜きなどの定番のツールを使ったりする方法など色々あります。

ムダ毛の量や、処理する部位によって効果的な脱毛方法をセレクトして、肌のお手入れも合わせて行ってくださいね。

ムダ毛がない肌になることで、自信につながる場合も多いです。でもやっぱりプロに脱毛をしてほしいと思う気持ちも。

そういう時には、自宅でのケアだけではなく医療脱毛や、脱毛サロンもムダ毛処理の候補として考えておきたいですね。

人気記事一覧

-よくある質問
-,

Copyright© 医療レーザー脱毛どこがいい? , 2019 All Rights Reserved.